手相をみる

密接な関係

手相占いについて、手相占いは、中期間から長期間の運勢を見るのに適しています。占いでは主要の線、感情線、知能線、生命線、運命線がしっかりあり、その他の線では縦の線がしっかりしていると、いいよみやすく当たるとされています。手に線がない、もしくははっきりしていないのはいまいちの運勢とおもいがちですが、実は、流されてしあわせになるタイプともいえます。また他者に助けてもらえる、ともいわれています。自分の手を見て、いまいちいい運勢でないとしても、またよみにくい相だったとしても、気にする必要はありません。必要以上に当たる、当たらないに執着するのはあまりよくありません。 また、手相の世界も流行があるため、昔はいいとされた手相も、今となっては時代に合っていないこともあります。自分で見るときはいろんな本を参考にしてみましょう。

当たる、と評判の占い師にいって、いまいちいい反応でなかったとしても、あきらめる必要はありません。当たる占い師が言った言葉に、手相は変わる、また自分がなりたい方向へ、手相をかいてしまえばいい、ということがあります。金運が欲しいなら、金運がアップするように、結婚、異性運がよくなりたいなら、自分の魅力アップやもてアップできるように、線を書いていきましょう。旅がしたい、海外に行きたいなら、旅行線を書いてしまいましょう。他人に愛されたい、援助を受けたいなら、その線を書きます。 占い師で、教えてくれる人もあれば、書籍で手相の書き方について教えているものもあります。 自分が何を欲するのか理解して、それに近づけるように、手相を書いてしまいましょう。